ゲームとかの話

ゲームを中心としたヨタ話。

【短信】「ワンチャン」と言う言葉の語源について

ワンチャンの語源って、ノーチャンからの派生だと思っていて。
麻雀的にノーチャン=場に4枚見えているので、その牌が使われる聴牌があり得ないことから、安牌の判断基準となる、の意味(八索が4枚見えているので、六-九索の両面はなく、九索を安牌とみる、といった使い方をする)。
ワンチャンはその派生で、場に3枚見えているから聴牌者が面子で使っている可能性は低いハズ……という、かなりおまじない的な安牌基準で、不確定的な危険性を示すワード。単騎やシャボ待ちもあり得るため、ノーチャンすら完全な安牌基準でない中、さらに確率が低い安牌基準なので、まぁガバガバと言えなくもない。という世界観。
これが転じて、リスクを過小評価したための失敗が「ワンチャンに負けた」という言い方で他に転用されていったものが始まりだと思われる……んだが、麻雀発祥と言っておきながら、発祥の語義認識がガバガバすぎて、語源記事にイラっとしたのでした。