ゲームとかの話

ゲームを中心としたヨタ話。

アニメの話

今期のアニメについて、ちょびっと。

 

アマプラで、ほぼリアタイで配信されるようになって、ここ3年くらいはアニメを見る習慣が復活してきてますが。

 

はめふら2期

とりあえず6話まで。

1期は「破滅フラグの回避」という、転生者たるカタリナの独自の物語ドライバーを燃料にストーリーが進んで行き、最後には転生しても続く友情といった要素も絡まって、まとまりのあるシリーズになっていたと思うんですけど、今期はそういうのがない感じ。

 

1期で語ったキャラクターたちをカタリナを軸にキャッキャウフフさせてるだけで、何か大テーマがあるようには見えないんですよね。

実は全員、記憶がないだけで転生者だった……的な時空を越えたジュブナイルという展開もなさそうですし。

 

というわけで、今期はけいおん的な待ったり日常系アニメとしてみてる感じです。

 

 

平穏世代の韋駄天達

33歳独身女騎士隊長の天原さん原作ってことで、コミックは薄く認知してたんですが、タイトルに引っかかりを感じなくてスルーしてた系。

幽遊白書の、魔界三国志篇(?)をまじめに描くとこんな感じ?といった、シングルコンバット怪物たちのストラテジ物の傑作なんじゃなかろうか。緒方恵美扮するキャラが孔明ポジションなのも共通点ありますね。

 

天原さんはポリコレとか常識とかっていう観念を、対立するでもなく軽やかに相対化するのが非常に上手い。エロマンガ出身というバックボーンもあるのかもしれませんが、これこそクリエイティブって思いますね。

 

 

 

急にブログを更新しだしてどうしたのか?

そう、帰省するでも、G1決勝があるわけでも、夏コミがあるわけでもないお盆休みがヒマすぎるってだけである(笑)