ゲームとかプロレスとかの話

ゲームを中心としたヨタ話 ……だったんだけど、アニメとかプロレスとかの話が増えてきました。昭和生まれオタク話ブログってことで。

ソシャゲデザインの基本文法

 

 

酔った勢いで投稿。

去年の5月時点で書きかけていた記事が、仕事の過熱とやる気の喪失でお蔵入りになった系。

完成品のお蔵入りじゃなくて、書きかけて途中で飽きたパターン。

とはいえ、1年半経った今でも、それなりに説得力のあるトピックな気がするので、掘り起こした記念ということで投げておきます。

 

ビビアミその他、今っぽいソシャゲの在り方を、予言していた感すらあるw

 

 

以下、本文。

 

 

 

前提:基本無料じゃないと成立しない

 

課金者のアドバンテージに接する機会の確保

課金者にとっては俺TUEEの瞬間であり、非課金者にとっては課金インセンティブの発露でもある

クラロワで言えば対戦であり、村ゲーで言えばワールドマップ

 

 

ガチャに対するアレルギー

すでに賢い消費者には、「ガチャゲー=重課金ゲー」であると喝破されている

ガチャというシステムは、

「低額で強キャラをゲットできるかも」という射倖性に煽られるプレイヤーを誘引する

が

「まともに戦えるようになるまでに、青天井で金がかかりうる」という警戒心を抱くプレイヤーに忌避される

という二面性を持つ

 

ゲームにならば金に糸目はつけぬ、という層にとっては、昨今のスマホゲーは顧客満足度は高かろう。

高額になるにつれての逓減こそあるものの、課金すればするほどゲーム内資産は増えていくからだ。

だが、日々の予算に制約のある、善良な一般消費者たちは異なる。

新しく投入されるコンテンツを十全に楽しみたいと考えたとき、求められる予算総額が青天井だというのでは、当然投資を躊躇する。

最高レアリティ1%で10回3000円ガチャだとして、3万突っ込んでも最高レアリティのユニットを得られる確率は6割台なのである。

SRが混ぜ込まれて、何十種とあるSRから新規追加の欲しいSRを引こうと思ったら何をか言わんや。

おたくのお子さんが、そんなゲームに手を出していると知ったとき、ぶん殴ってでもそれを阻止するのが親心だろう。

 

余剰資金が潤沢な毒男向けのコンテンツであって、それ以外の層に向けては訴求してはならないのである。

毒男向けのコンテンツであるならば、エロには勝てまい。ハナからそれ以外の市場を切り捨てた対魔忍RPGにコストを積んできたDMMは、ある意味正しい選択をしている。

 

 

「ガチャに数百万突っ込んだ」という言説を見てスマホゲー運営者が感じるべきことは、高額課金プレイヤーがいてくれてよかったね、では無い。

賢い消費者に向けた重大なネガキャンであると心得るべきである。

 

 

課金者確保のカギは、接触時間の長さである。

いかに日常的にアプリを立ち上げてもらうか、である。ホームに登録させるまですれば勝ちである。

最低限、プッシュ通知をoffにさせてはならない。

 

接触時間のカギ① 課金設計

頻繁なガチャイベントは、良識ある一般ユーザーに重課金ゲーであることを印象付ける。ご丁寧にも、運営が定期的に継続ユーザーにネガキャンしているのだ。

モンストを見よ。畳み掛けてくるイベントは、バラマキ施策である。集金ガチャイベントの頻度は抑制的だ。であればこそ、今なおユーザー数を維持し得ているのだ。

 

②広告・宣伝の出し方について、ユーザーの周囲に敵を作ってはならない、という観点は既に述べた。

 

継続率の重視と新規無課金プレイヤーの誘引では、求められる要素が違いうる

 

「綺麗な絵」を求める層などスマホにはいない

・開発予算をグラフィックアセットに割くべきではない

・継続率の観点からも、3D描画でバッテリーを酷使すべきでは無い

 

任天堂ゲー程度ののっぺりした絵作りで充分である。情報量が多すぎて、プレイヤーを混乱させるだけでもある。

ブログタイトルをちょっと変えました。

 

今年は私の中でプロレス熱が一気に炎上した年でありました。

ひとつは、歳食ってがっつりゲームをやる元気がなくなってきたこと。

もう一つは、前々から気にはなっていたけど、地下アイドルを愛でるみたいなニッチなジャンルになってしまっていたように思っていた女子プロレスが、意外とちゃんとプロレスしてて、俄然ハマってしまったこと。

 

まぁ、スターダムなんですけどね。

 

でも、プオタとして燃え上がった事は間違いなくて。

今までよりも新日本をちゃんと観るようにもなったわけです。

 

もともとは小橋ガチ派からプロレスに入った私なんですが、社会人になったことによる生活の変化、小橋さんの長期欠場、からの三沢さんの事故。

私とプロレスの距離は、そうやって遠のいていったのが2000~2010年代でした。

 

でもね。やっぱりプロレスは面白いですよ。

野球とかサッカーにはない、ナラティブがあります。

 

ショーという側面を多分に含んでいるからこそ、ほかのスポーツとは一線を画す魅力が、プロレスにはあると思っています。

 

手元にある、19枚の半券。こんなにプロレスを観た年は、今までにありません。

 

 

と、言うわけで、プ話が増えそうな気がしたので、ブログタイトルをちょっと変えました。

 

ゲームとかの話 → ゲームとかプロレスとかの話

 

これが、「プロレスとかゲームの話」になって、「プロレスとかの話」になっちゃうかもしれないし、そうじゃないかもしれない。

その答えは、もちろん!

 

トランキーロ。あっせんなよ。

 

 

 

 

短信:近況

今年はコロナ鍋?蝸?禍?的なアレもありつつ、ゲームといえば、ビビッドアーミーばっかりやっていて。

なんでしょう。こんなタイトルのブログですが、語ることがないんですよね。

 

ビビアミと言えば、一言で言えば、村ゲーをえげつない形で課金カスタムしたデザインになってまして。ある意味で村ゲーの最終形態なんでしょうけれど。札束での殴り合い特化なので、もはや私的にデザインを語る気になれない的な。

 

ええ、はい。それなり課金してますよ。(∩´∀`)∩

 

あれだけモンストを無課金で攻略していた自分が懐かしいですわ。

 

 

さて。

諸氏にはお気づきかもしれませんが、長年地味に好きだったプロレスの、その熱が、今年は爆裂ボンバーいたしまして。

 

もはや、プロレス語りしか、ネタがないんですね。

 

エントリ的にスターダムばっかり観ていがちなのは、お察しの通りですが、新日本もちゃんと見てますよ?

 

タイチザックがなんだかんだエモいとか、オーカーンはオカダの次にトップ張るであろう、とか。

 

何の話か、迷走し続ける当ブログですが、たまにはエントリを投げておかないとね、ということで。

 

 

今期アニメについて軽く。

 

ダイの大冒険

思い出補正MAXで、楽しんで観ております。アマプラだけど。

クライマックスに向けての筋を覚えていないので、敢えて振り返らずに、配信を楽しみに追おうと思っております。

 

・魔女の旅々

この作品、なんか、謎の魅力がある気がしてます。

「転生」的なキーワードがないから、触りだけ観ようか、ってなった感じですが、ファンタジーなのに価値観が現代的なんですよね。

リアリティもクソもないんですけど、令和版・寓話集みたいな、そんな謎な鑑賞観がある。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

短信:近況

今年はコロナ鍋?蝸?禍?的なアレもありつつ、ゲームといえば、ビビッドアーミーばっかりやっていて。

なんでしょう。こんなタイトルのブログですが、語ることがないんですよね。

 

ビビアミと言えば、一言で言えば、村ゲーをえげつない形で課金カスタムしたデザインになってまして。ある意味で村ゲーの最終形態なんでしょうけれど。札束での殴り合い特化なので、もはや私的にデザインを語る気になれない的な。

 

ええ、はい。それなり課金してますよ。(∩´∀`)∩

 

あれだけモンストを無課金で攻略していた自分が懐かしいですわ。

 

 

さて。

諸氏にはお気づきかもしれませんが、長年地味に好きだったプロレスの、その熱が、今年は爆裂ボンバーいたしまして。

 

もはや、プロレス語りしか、ネタがないんですね。

 

エントリ的にスターダムばっかり観ていがちなのは、お察しの通りですが、新日本もちゃんと見てますよ?

 

タイチザックがなんだかんだエモいとか、オーカーンはオカダの次にトップ張るであろう、とか。

 

何の話か、迷走し続ける当ブログですが、たまにはエントリを投げておかないとね、ということで。

 

 

今期アニメについて軽く。

 

ダイの大冒険

思い出補正MAXで、楽しんで観ております。アマプラだけど。

クライマックスに向けての筋を覚えていないので、敢えて振り返らずに、配信を楽しみに追おうと思っております。

 

・魔女の旅々

この作品、なんか、謎の魅力がある気がしてます。

「転生」的なキーワードがないから、触りだけ観ようか、ってなった感じですが、ファンタジーなのに価値観が現代的なんですよね。

リアリティもクソもないんですけど、令和版・寓話集みたいな、そんな謎な鑑賞観がある。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

5★STAR GP 2020 ブルースターズ決勝進出条件まとめ

 

genzui.hatenadiary.jp

 ↑に引き続き、ブルースターズの決勝進出条件もまとめます。

星取表は↓。

 

 

勝ち点的に可能性がありそうなのは、渡辺桃林下詩美・朱里・舞華の4人。

 

渡辺桃

まずは、勝ち点7の渡辺桃が決勝進出できるパターンがあるかを確認してみます。

桃が叫女に勝ったとしても、勝ち点は9止まり。

つまり、桃が進出するには、決勝ラインが9点になる必要があります。

なので、詩美が朱里に負けるのが前提。この時点で朱里は8点になります。

次に、舞華がAZMに負けるのも前提。この時点で舞華も8点。
…そのうえで、朱里vs舞華が引き分けると、4人が9点で並ぶわけですが……
その時の4人の星取りがこちら。

 

 

この場合、舞華が進出。
残念ながら、桃さんの可能性ありませんでした。。

 

林下詩美

現在首位の詩美。
朱里に勝てば11点。それで確定と思いきや、舞華が2連勝すると12点に届くので、実は自力優勝がないという。

直接対決でも舞華に負けているので、舞華が1勝1分でも舞華が進出。
というわけで、朱里と舞華に1敗ずつしてもらうことが必要。
朱里には自ら土をつけられるので、舞華に、AZMもしくは朱里に土をつけてもらう必要が出てきます。
ここは、何が何でもAZM先輩に勝ってほしい、というのが詩美陣営ですね。

 

朱里

不幸な不戦敗が響いて、6点止まりですが、2戦を残しているため決勝ラインが10点になればチャンスあり。
現在トップの詩美との直接対決を残しているので、2戦あってややこしい感がありますが、実は単純で、2連勝すれば進出です。
この場合、舞華と同点になって直接対決で進出決定。
1分けした場合は、決勝ラインが9点になったとしても、桃で検討した通り、舞華になります。
ので、朱里は2連勝できれば進出確定、できなければ敗退確定という単純な条件でした。

 

舞華

2連勝すれば、文句なしの進出。
1分けした場合、詩美と同点になるが直接対決で勝っているので、舞華進出。
つまり、舞華はどちらかで引き分けても進出できるという計算。

 

 

以上、選手別にみてきましたが、2試合ダブルヘッダーを残している朱里と舞華が体力的に不利、という点も見逃せません。

試合順も未発表ですが、回復の時間を考えると、朱里vs舞華を第1試合にもってくるんじゃないかな、などと考えてしまいますね。

 

桃vs叫女は、これほどのカードなのに、実は消化試合であるという…。

 

決勝進出にかかわる試合は、
・詩美vs朱里
・AZMvs舞華
・舞華vs朱里
の3試合。

見どころとしては、AZMは舞華に勝って、詩美の援護をできるか?

朱里は悲しみを乗り越えて2連勝できるのか?

といったあたりでしょうか。

 

パターンが多すぎて、試合別のまとめは断念しました。無理っす。

 

とにかく、後楽園が楽しみですね!

 

 

 

9/17追記

 

結晶ラインが勝点9点になり、叫女が桃に引き分け以上だった場合の検討が漏れていました。

桃の項の星取表を参照するとわかるように、この場合は朱里と舞華が並びます。

なので、決勝進出者決定戦になるかと。

勝者はこの日1大会で4試合もすることになるわけです。

おそろしや…

 

 

5★STAR GP 2020 レッドスターズ決勝進出条件まとめ

 

genzui.hatenadiary.jp

 去年のG1に続き、自分観戦用メモとして、5★STAR最終戦の決勝進出条件をまとめます。

まずはレッドスターズ。

 

星取表は↓を参照。

 

 

終戦を残して、可能性があるのは4人。
麻優vsたむ、小波vsひめか の2試合の結果次第です。

パターン別に進出者が違うのでややこしいです。(が、レッドはまだマシ)。

 

選手別に条件をまとめましょう。

ひめか

まずは、現時点で9点の首位ひめか。

ひめかは勝てば、ほかの条件にかかわらず進出決定です。

引き分けた場合も、麻優vsたむが、たむの勝ちなら、直接対決でたむに勝っているので、進出できます。

 

岩谷麻優

次いで、岩谷麻優

麻優は、たむに勝つのが大前提。

小波vsひめかの結果、ひめかに勝たれると勝ち点が届きませんが、

小波が勝っても、10点で並び、直接対決に負けてるので小波の進出になります。

なので、小波vsひめかが引き分ける必要があります。この場合、ひめかと10点で並び、直接対決の結果で麻優の進出となりますが、引分期待になるため、厳しいか……

 

中野たむ

ジュリアに勝って、決勝戦線に踏みとどまった、中野たむ

たむも当然、麻優に勝つのが大前提。

小波vsひめかの結果、ひめかに勝たれると勝ち点が届かないのは、麻優と同じですが、小波が勝った場合、たむは小波に勝っているので、進出できます。

引き分けの場合、ひめかと10点で並びますが、たむはひめかに負けているので進出できません。

 

小波

両チャンピオンに土をつけ、快進撃を見せたこなたんパイセンも、DEATH山さん。に痛い黒星を喫して、決勝進出に暗雲。

ひめかに勝っても、それだけでは進出が確定せず、麻優vsたむの結果次第に。

直接対決で勝っている麻優がたむに勝てば、進出が決まりますが、何気にたむに黒星を喫しているので、たむが勝つと、たむが進出します。ちなみに、引き分けの場合は、勝ち点差で進出確定。

 

 

試合別まとめ

ひめかが勝った場合はひめかなので、ひめか勝ちのパターンは省略。

○麻優 ×たむ & ○小波 ×ひめか → 小波

○たむ ×麻優 & ○小波 ×ひめか → たむ

○麻優 ×たむ & 小波ひめか引分 → 麻優

○たむ ×麻優 & 小波ひめか引分 → ひめか

 麻優vsたむが引き分けた場合は、小波vsひめかの勝者。

 

という感じです。

あややこしい。

(だが、これは、ブルーに比べればまだまだすっきりしているのであった……)

 

 ブルースターズの決勝進出条件は↓です

 

genzui.hatenadiary.jp