ゲームとかの話

ゲームを中心としたヨタ話 ……だったんだけど、アニメとかプロレスとかの話が増えてきました。昭和生まれオタク話ブログってことで。

【短信】(従来型)スマホゲーの死

 

戦国大河をやめてみて、今のスマホゲー業界が陥っている状況を眺めると、わかりやすく「ジャンルが衰退している」と感じますな。

 

限られた高額課金者の奪い合いをしている。

 

その昔、誰かが言いました。

「全てのジャンルはマニアが殺す」と。

 

この警句自体は、コンテンツとして既得のファン層に向けたものづくりをしていると、新規がついていけなくてジャンルが滅んでいくぞ、ということです。

 

スマホ業界が起きていることもまさにそれで、ビジネスモデルというか課金設計が制度疲労を起こしている。

 

100万人のオーダー、桁数でお客を囲い込まないと成立しない商売なのに、もはやその集客は不可能です。10万のオーダーがいいとこ。

母数が稼げないならば優位な客層だけでも、とばかりに、高額課金者に向けたデザインのゲームを作ってしまう。そして、無課金で遊びたい層を振り落としていく。ゲーム内容ばかりでなく、課金額に見合うだけの絵を、とでも思ったんだんでしょう、3Dでゴリゴリ電池を消耗させてくる。

 

スマホというデバイスはみんなが持っているのだから、ゲームというコンテンツ空間でも、もっと戦いようがあるんじゃない、という気がしてなりません。

 

ということで、スマホ界隈を尻目にドタオートチェスを遊んできます!

 

※あとで気が向いたら、過去記事リンクとか貼っときます。

 

スマホゲー死んじゃったね、という話を書く日がこんなに早く来るとは思ってなかったわw

そりゃ、時代も令和になるわ。