ゲームとかの話

ゲームを中心としたヨタ話

ジョジョ好きに絡まれたときの対処法

実は私、「ジョジョ」というワードに接すると、心の警戒レベルが1段階上昇してしまう病気にかかってたりするんですよ。

ジョジョの奇妙な冒険 という作品自体は、まあ別に、普通に面白い少年漫画だね、くらいの認識です。個人的評価は、65点ってトコでしょうか。

  • 普通にジャンプ漫画してて面白い
  • 独特なバタ臭い絵が個性的(嫌いではない)
  • コマ割が変で読みづらい

みたいな。

 


別に単行本を買うほど好きでもなく、ジャンプを買ってた時期には飛ばさずに読んでたくらい。
後になってマンガ喫茶かなんかで最初から6部くらいまで通して読んでみましたが、まあ評価はそんなに変わらず。

 

f:id:Genzui:20160610191817j:plain

ジョジョを読んでいる私の写真(嘘)

 

 


で。

なぜかジョジョって熱狂的に好きな人たちが居るじゃないですか。
私、あいつらがダメなんですよ。
ジョジョが万人に受け入れられるという前提から入って来る。
オタクに片足突っ込んでる人間ならジョジョは語れて当然、みたいな。

 


よくある会話のパターンがこちら

 

ジョジョ好き(以下「ジョ」)「ゲンズイさあ、ジョジョって読んだ?」
私「まあ、嗜む程度に、人並みには」

ジョ「じゃあ何部派?」
私「は?」

ジョ「何部がいちばん好き?」
私「あんましわからんけど、キャラ属性的にはリサリサがいちばん良かった……かなぁ」
ジョ「かーっ。2部派かー!シブいね!!俺はやっぱり3部!」

……


まず、なんでジョジョを読んだことがある人間ならお気に入りの「部」が存在するのが前提なんだよ。
ていうか、読んだことあったら好きになる前提かよ。

そこまで好きじゃねーよ。富樫先生のほうがよっぽど好きだよ。
てか、俺はエヴァオタだっつってんだろうがよ!アンノスキーなんだよ!


自分は理解できてないですが、おそらく「ジョジョ」が一部の人に謎の熱量を持って支持されているのって、擬音の使い方が独特とか、人体を変な構図・ポーズで描いたり(=ジョジョ立ち)とか、独特な台詞回しとか、漫画表現の斬新さ的な部分かと思うんですよ。
それでいて、スタイリッシュ感があって、洋楽ネタとか散りばめられていてオシャレ感があって、昭和のマンガの汗臭さがなくって、みたいな。

言うなればそれは前衛芸術にも近い部分があって。
アバンギャルド。ギャランドゥじゃない。

でも、前衛って、メインストリームに対する前衛なのであって、あくまで本道ではない訳ですよ。

つまり、私が日ごろジョジョ好きに思うのは、局地的な評価を一般化して、あたかも普遍的なものであるかのように語るのはやめてくれ、ということ。

 

で、過去に試みた反撃には下記のようなものがあります。

 

私「コマ割がナナメ過ぎてイラつく。たまに読む順番がわからなくなる。」
ジョ「キミは細かいなあ。几帳面な人?」

私「女の子がスジばっててかわいくない。」
ジョ「ジョジョはそこを愛でる作品じゃないんだよ」

 

いずれも、彼は私への布教活動をやめてくれなかった訳です。
おそらく、彼が認識しているジョジョの本質にダメ出ししたわけではなく、私がジョジョの本質への理解に届いていない、とでも思われたんでしょうかね。
いや、実際に届いていないんですが、こっちには理解する気もないわけで。

 

 

という訳で、

「別にジョジョは読んだことあるけど、特別な思い入れなど持っていない」
「ざっと読んだけど、細かい話の内容までは覚えてない」
みたいな人向け、ジョジョ好きに絡まれたときの対処法は無いものかな、と。

ジョジョ布教者に絡まれたときに、どう対処すればいいのか思い悩んでいる今日この頃。

 

あの人、歳とらない妖怪じゃん

話題を荒木先生にズラして、ジョジョの話題から逃げるパターン。
土方歳三に似ているネタを経由して、幕末ネタに派生させてもいいかもしれません。
ただし、幕末派生で語れるネタを持ってない人は厳しいかもしれませんね。


スタンドとかいきなり出てきて、設定が行き当たりばったり過ぎる

話の転がし方をダメだしして、真っ向から否定しにかかるパターン。
2部までは波紋の力で能力バトルしてたのに、なんだよ、スタンドって。召喚バトルじゃねえかよ。という展開。

ただ、これは私には使えないかな……。
念能力とかいきなり出てきたハンター×ハンターが巻き添えを食ってしまうので、そこにダメ出しできないです。
ていうか、ジャンプものを全否定しちゃうので、このカードを切ってしまうと何のオタ話もできなくなります。

それよりサンデーの話をしようぜ!
って言って、あだち充とか高橋留美子の話に持っていくのは相当ハイレベルなオタトーク力が必要かと。


紙面が汚くて受け付けられない

画風を全否定するパターン。
これは、漫画好きを相手にするとき、たまに使います。
描き込みすぎて、画面が黒く、全体的に読みづらい。的な。
このカードを切ると、同じく描き込み系のマンガも巻き添えを食らうんですが、ハンター×ハンターは画面が白いから巻き添えを食らいません。


別にジョジョがどうこうって訳じゃないけど、それほんとに好きなのかよって奴らが絶賛してるのを見るとイラつく

ジョジョ話をネタに社会風刺に持っていくパターン。
ニワカのニワカ語りがいかに醜いか、という話にすりかえます。
例えば、エヴァ話にすり替えて、いかに世のエヴァオタがエヴァを理解していないか、を力説できれば、相手を傷つけることなく、かつ自分がいかにディープなオタクであるかを証明できるでしょう。

ただ、布教者本人を直接ディスらないように注意しましょう。あくまでディスりの対象はふわっとした架空の「ニワカ」とそれを持ち上げる世間。
「ディープなジョジョ好き」に対する敬意は忘れちゃダメです。

相手に、ふと我に帰ってもらい、「俺ってニワカ的なスタンスでジョジョを礼賛しちゃったりしてないだろうか?」と自己批判の念まで抱かせることができれば大勝利です。


ジョジョ立ちとか、コマ割とか台詞とか、「だから何?」としか思えない

自分にはジョジョの良さが理解できないのだ、と卑下するパターン。
独特と言えば確かに独特なんだろうけれども、その独特な部分を評価する審美眼を自分は持っていない、という点を伝えてあげます。

ドラゴンボールとかワンピースとか、わかりやすい俗物向けのマンガ、素人でもわかるようなものしか面白いと思えない、というニュアンスを伝えて、相手に「自分はジョジョという高尚な表現を理解し、良いと感じることのできる選ばれた人間なのだ」と、選民意識を持たせてあげてください。

ただ、間違ってもエヴァとかガンダムとか、「人を選ぶ」的な雰囲気のある作品を引き合いに出してはいけません。
相手は同時にエヴァオタだったりガノタだったりする可能性もあるので、「エヴァが理解できるなら、ジョジョも理解できるはず」と、布教意欲をよりいっそう掻き立ててしまう可能性があるからです。


だからジョジョ好きは嫌いなんだ

転じて、布教者を直接ディスるパターン。コイツとはオタ友として切れてしまって構わない、という相手にしか使えない、禁断の封じ手です。

犬好きや猫好きを例に挙げて、「人類全てが犬好きであると思い込んでやがる。傲慢だよ。」と大上段に切って捨てましょう。
ジョジョを布教してくる奴って、みんなそれと一緒。全人類がジョジョを好きになれると思ってやがる。」と、これ以上のジョジョ話をシャットアウトしてしまいましょう。

ただし、人格攻撃にならないように注意してください。
その傲慢さは、アナタ個人の問題点ではなく、ジョジョ教信者の全てがそうなのだからアナタのせいではないですよ、という抜け道を残しておくことがポイントです。

先に挙げた、ジョジョ好きの選民意識をくすぐるテクと複合させると、より効果的かもしれません。

 


ジョジョの前衛的な部分を否定する

ジョジョ布教者に布教を諦めさせる最終奥義。

富樫先生にしろ、絶対神庵野秀明にしろ、先行作品の熱いところを上手く換骨奪胎して、良さを抽出しているから神なのである。
表現が、何人ものフォロワーの解釈を経て、洗練されてこそ良い作品は生まれるのだ。

……といったところを力説しつつ、ジョジョの前衛的な部分を自分は全く理解できないことを伝える方向に持っていきます。
自分の好きなものがいかに素晴らしく、それがジョジョの特徴といかにかけ離れているかを力説しましょう。

がんばってください。その熱量こそが、布教者に「あ、コイツやべえ宗教にハマってる」と思わせるのです。
オタとしてのディープさを感じさせつつ、ジョジョ教とは相容れないことを理解してもらうことができれば、彼はもう布教してこないに違いありません。

 

 

 


でも、いざ身構えてみると、実践の機会がなかなか訪れないんですよね。昔はあんなに布教されたのに。

この歳になると熱烈な布教活動にあうこと自体、減ってきましたし、殊更ジョジョを普及させようという人もいないのかもしれませんし、
この歳でオタ素養を持っているなら、既に教化されているのだろう、と思われているのかもしれません。

 

いちおう念押ししておきますが、ジョジョがダメって訳ではないです。
ちゃんと面白いし、独自性もある。でも、その独自性の部分が好きになれない人もいる、ということで。