ゲームとかの話

ゲームを中心としたヨタ話

「貴社の記者が汽車で帰社する」撲滅運動

同音異義語の例文で、よく出てくるアレ。

「貴社の記者が汽車で帰社する」

 

これ悪文だと思うんですよ。

 

敬語レベルが揺れてる。

 貴社の記者様が汽車で帰社なさる

でしょうよ。相手方の会社にのみ敬意を払っているのでこの揺れ方をされるとちょっとイラっとする。

 

でも、何が言いたいかというと、害が大きいと思ったのは、この文でしか「貴社」なんて覚える場がないということ。

普通「御社」使うでしょ。

「貴社」っていう言い方、この例文がまさに示している通り、同音異義語が多くて紛らわしい言葉なので原則使わないほうがベターな言葉だと思うんです。誤変換と聞き間違いの巣窟。すくつ。

この例文で「貴社」って単語を覚えてしまった一定数のへそ曲がりが、オリジナリティ出そうと思ったりして使ったりしやがる。

そんなオリジナリティ誰も求めてねえ。

 

というわけで、「貴社の記者が汽車で帰社する」は撲滅させたい。

使うときは(かつては「御社」のことをこう表現もしていた時代があったんです)的な注意をつけといてほしい。