読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゲームとかの話

ゲームを中心としたヨタ話

【Stellars】大日本宇宙帝国の興亡(まだ滅んでない)【プレイ日記というか雑記】

 

ツイッターでつぶやいたまとめとその後。

 

※拡大しないと解らないと思いますが、電気6・ミネラル16となっております。

 

 

外宇宙からの侵略が始まったので、こっちの宇宙代表として、国力No1の大日本宇宙帝国が陣頭指揮を執って防ぎにいかねばならないところ、銀河系の真反対への侵攻であるため、単体で戦線を維持できる見込みがない

 ↓ 

侵攻された近辺の大国は相攻伐に明け暮れ対策を講じず、弱小国はどんどん侵攻軍に飲み込まれていく中、わが大日本宇宙帝国が、一大連合軍を編成しようとするも、見向きもされず(システム上、遠距離の国は、AIが同盟に乗ってきづらいっぽい) 

↓ 

それならば、近隣国を制圧し、単体で対峙できる勢力を築こうと決意するわが皇帝。だがしかし。

 ↓ 

戦力差は十分なので宣戦しようとすると同盟国に否決され、可決まで持って行ける状況になったんで、せっかくだから一発併合しようとしても、戦勝点上限100によって、ちょっとずつ蚕食することしかできない 

たまに同盟国から宣戦の動議が出されて開戦するも、独力で国力比「悲壮」な相手の主力艦隊に押されはじめ、うちの主力艦隊頼みの開戦だったことが判明

リング銀河1/3周の距離をえっちらおっちら遠征軍を派遣する羽目に

ワープドライブの機動力の低さをなめんなクソ

とはいえ、そんな同盟国でもこの銀河No2国力の帝国なので、対外宇宙侵攻軍連合軍のメンツからは外しづらい(No3帝国は我が保護国侵攻の罪により国家分割の刑に処してしまったし)

↓ 

そんなこんなでグズグズしているうちに、外宇宙侵攻軍はじわじわと勢力を広げるも、 拡張速度は急激に鈍化、現状の拡張ペースでも外宇宙侵攻軍への対処の目処が立ってきた

あんなに焦っていたのはなんだったのかと憔悴するわが皇帝なのであった。 

(続く) 

 

 

 

 

 

しかしまぁ、なんというか 自分の手は汚さずに利益だけかすめ取りたい、とか 他人の力で他人に勝ちたい、とか 同盟国であっても独走は許さない、とか ホント、人間の本能・利己主義をうまく表現できてると思う。パラドゲーってば。