ゲームとかの話

ゲームを中心としたヨタ話

びびび、はじめました 【ビーナスイレブンびびっど】

びびび、始めました


先月の超獣神祭をパスって、聖闘士星矢コラボガチャ10連まわして、一輝にいさんしかでなくて、ムキーッ!ってなったんだけど、よくよく考えたら青銅5人って一輝にいさん以外、イマイチ好きじゃないよなー、とか思って、まぁいいかってなりました。
あ、モンストの話です。
黄金の方がなんか好き。そんならここは、一輝にいさんと因縁深いシャカでしょう!ってことでシャカ運極狙いに行ったわけですが、難易度の関係上断念!

魔鈴さんとシャイナさんはよ!パズドラのコラボではおったやんけ!!




……ということで、ビーナスイレブンびびっど(びびび)を始めてみたんすよ。


私が好きな、「要素沢山ゲー」になっておりまして、気が付くとポチポチ触ったりしてるわけですね。



▼ 超ざっくりゲーム概要

・メインゲームは、昔ファミコンであった「キャプテン翼」のゲーム。
 (終盤、みんな「ガッツがたりない!」ってなって、石崎くん大活躍になるアレ)

・キャラ管理は基本的にはパズドラクローンを踏襲。
 :ダブりカードが自動で合成され、勝手に進化してレアリティが上がってくような感じ
 :インゲームで使用すれば経験値がたまる(この辺は艦これ)けれど、低レアリティだとレベルキャップが低いのですぐカンストする感じ

・細かい育成要素はけっこうたくさん
 :まだ把握し切れてないッス!


▼ 今のところの感想

・シリーズを重ねてきた、と言うだけあって、ゲーム要素が多いっス!俺は好き!

これまでのスマホゲー(パズドラクローン)の文脈を踏まえて、要素は多いものの仕様は手堅い。いい意味でチャレンジしてない(チャレンジしてないが故に要素が増えたきらいがありますな)。

トガってて脳汁ドバー!なゲーム要素は、どうしても人を選んでしまうので、ユーザー数をがっつり稼がないといけないスマホゲーとしては、そこは致し方ないかな、と。


・得意ポジションが偏ってるのがイイ!

例によってワイ将チームはメガネ偏重編成になっているんですが、得意ポジションが被る被る。メガネに限らず、良い感じの子が右サイドハーフと左サイドバックに集中している。これは誰をどこに配置すればいいのか悩ましい!面白い!

メガネのFWとかキーパーはまだか!
メガネだと危ないからか!そうなのか!
ていうかそれ言いだしたら、サッカーでメガネは危なすぎるだろ!


・ストーリーがダルい

まぁ、スキップ機能がついてるので、全スキップ定期ってコトで、実害は少ないので許そう。


・データDL中のミニゲームにナゾの中毒性

データDL中に、ボールを蹴って的に当てるっていうミニゲームができるんですよ。
これが、ほんのちょっぴりですが、ビーナスハート(課金トークン、要は石)貰えるんですね。
ヒマつぶしクソミニゲーがあらふしぎ、あっという間にメインゲームになっちゃいました。

そんなわけで、追加DLデータはよ!とか思ってしまう私なのでした
(モンストでは散々イライラさせられたデータDLだったはずなのに)。

どうでも良いですが、1万点を超えたあたりから、難易度が急に上がります。
>ノーマルボールが出なくなる
>蹴れるボールが減る
って感じです。


f:id:Genzui:20160513034839j:image


↑の画像では一番右が空いてますが、ココ、補充待ちじゃないです。補充されなくなります。
スコアも10000超えると表示がバグる

まぁ、ここでだらだらビーナスハート垂れ流してもアレなので、ほどほどにして本編を遊びなさい、という親心ですね、ココは。



・バランス調整・設計が甘い(かも)

サービス開始がいつなのか知りませんが、始めたばかりの段階でレンタル助っ人一人だけで相当進めてしまいます。
スタミナ(要はガッツ)600くらいのFWをレンタルしてこれれば、
 >助っ人にボール渡して、ドリブル→ドリブル→ドリブル→ドリブル→シュート×2、で前半2点が確定。
 >後半バテて交代したら、適当にボール回したり、自分トコのエースでドリブったりしながら時間潰しつつ隙あらば3点目を狙う
という戦術で、相当上のリーグまで行けちゃいます。
GWイベントでも、1敗もせずに一番上のリーグ優勝とかしちゃいましたしね。
大丈夫なのか。

で、思ったわけですが。

艦これと逆なんですよね、方針が。
艦これは激ムズにして提督方の心をブチ折りに来たわけですが(艦娘への愛を試している)、びびびは、選手とキャッキャウフフしてもらうことにこそ価値があり、そこに至る過程に試練など要らぬ、という哲学を持っていそうに感じます。

難易度が低くても、要素(育成要素)が多ければ、目標は尽きませんからね。

これはこれで、エンドコンテンツの一つの在り方なのかもしれません。