読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゲームとかの話

ゲームを中心としたヨタ話

課金ガチャ型スマホアプリとステマ系攻略サイトのえげつないコングロマリット

 

 

課金ガチャ系のスマホゲーをやっていると、攻略に詰まることがあります。

これが、スタミナなしの繰り返しながら自分で攻略するために試行錯誤していけるタイプのゲームであれば、攻略サイトの需要は落ちるでしょう。

しかし、チャレンジできる回数に制限があるタイプだと、あらかじめ情報を仕込んでおきたくなる。それで、攻略サイトを見るわけですね。


一方で、ネトゲもしくは「連載型ゲーム」(過去記事を参照)では、サービスの寿命を延ばすために、「エンドコンテンツ」と呼ばれるような、繰り返しチャレンジしてもらうことを意図した、容易に攻略できないステージを用意するわけです。

しかし、世には攻略サイトがあふれている。

 

結果、何が起きるかというと、「攻略サイトで事前情報を仕入れたうえで、それでもなお難しいステージ」が誕生するわけです。

えてして、この場合、特定のユニットを複数持っていないと攻略がかなり難しい、みたいな構成になります。

そして、このユニットたちは、課金ガチャで手に入れる必要がある。

 

お気づきでしょうか。これって、形を変えたコンプガチャなんですよね。

 

ここに、「攻略サイトが存在してしまうので、エンドコンテンツが相当厳しい条件(ともすればコンプガチャと言われかねない)のステージにならざるを得ない」というゲームが誕生するわけです。

 

 

さて。もっとえげつない話がありまして、これらの攻略サイトはステマでもともとのスマホアプリに送客しているわけです。

つまり、「ゲームサービスと攻略サイトはつながっている」わけです。しかも、欺瞞的なあり方で。

誰もやったことのないはずの「最速攻略」がステージ初出と同時にリリースされるのが良い証拠です。このあたりはユーチューバーも一緒ですね。

  (もっとも、昔から「ゲーム攻略本」もゲームメーカーとつながってたわけですけどね。入稿したエクセル表が、誤字もそのままに乗っけられたのは今もいい思い出。)

 

f:id:Genzui:20160221144412g:plain

 

 

 話をまとめると、「ステマ」という欺瞞的取引を使って、攻略サイトを通じて、コンプガチャというこれまた欺瞞度の高い商売が展開されているわけです。

(図にポイント系2ちゃん記事風ステマサイトも書いちゃいましたが、この話は別の機会があれば。)

 

なにこのマッチポンプ

 

最後に、みんな大好きゴレイヌさんにご登場を願いまして、本稿を終えたいと思います。

f:id:Genzui:20160221135210j:plain