読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゲームとかの話

ゲームを中心としたヨタ話

【短信】 ポケモンは、「プレイヤーアカウントの交流」という概念の萌芽であったのではなかろうか。

あの当時、ゲームは今でいうコンソールしか存在しなかった。正確にいえば、コンソール思想のゲームしか存在しなかった。

物理的形態として、ゲームボーイはハンドヘルドであったが、ゲームはあくまでコンソールゲームであったのである。

 

通信ケーブルとカートリッジへのゲームデータのセーブ機能。この二者の出会いは、今にして思えば、ネトゲ的概念の萌芽であった。

 

その後、MMOという形態でキャラクターという単位でのコミュニケーションを基準にネトゲは進展を見たが、ソシャゲという形態で「アカウント同士の交流」が一般的になった今を思うに、「アカウント資産同士の交流」という、いわば「現代的」なあり方は、実はネトゲの最初期の形態であったのである。