読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゲームとかの話

ゲームを中心としたヨタ話

ホーリーダンジョン イベント攻略

さて、モンストをややそっちのけで、
ホーリーダンジョンのやり込みを開始しているわけですが。

まぁ、初10連で大勝利しちゃった運命(さだめ)として、
しばらくは付き合っていこうかなと。



で、私なりに今回のイベントを攻略してみたいと思います。

別サイトの攻略記事とか見てないので、内容が重複しているかもしれないし、
そうじゃないかもしれない。


今回のランキングは「深度をいかに稼ぐか」という感じかと。
深度稼ぎの本質は、「いかにHPを節約するか」という点に尽きます。

通常掘りではHPを消費してしまいますので、
アイテムの有効活用と効率的なスキル運用で深度を稼いでいきたいところですね。

・エナジー管理が一番大事

さて、スキルを使用するにはモンスターを倒してエナジーを貯める必要があります。
したがって、モンスターを殺戮しまくってエナジーをガンガン稼がないといけません。

エナジーには上限(100)がありますので、
上限に達しているときにモンスターを倒しても、
そのぶん無駄になってしまうということを肝に銘じておくべきです。
なんだか、三国志大戦士気管理に似てますね。

つまり、エナジーが溢れそうになったら、積極的にスキルを使って、
エナジーを深度に変換することこそが、深度稼ぎのキモとなるわけです。


ギルガメとエリザベはどちらが有用か?

ギルガメの「バーチカルレイ」は、
画面内の自身がいるタテ列+ランダムな1列を強制的に掘る
というスキルです。

この「自身がいるタテ列が強制的に掘られる」、というところがキモで、
窒息しそうになったときの緊急回避として、極めて優秀です。

対してエリザベスの「バーストボム」は、
画面内のブロックのランダムな50%が消滅
と言うスキルで、足元のブロックが残ってしまったり、敵に引っかかったりすると
緊急回避に失敗することがあります。

つまり、窒息回避、という用途においては、ギルガメの方が圧倒的に有利、となります。


・直接的にはギルガメ有利に見えるが……?

では、今回のランキング攻略と言う観点ではどうでしょうか。
直接的に掘れる深さでは、やはりギルガメに軍配が上がります。

しかし、「HPを消費しない深度稼ぎに着目」すると
【エナジー収支に対する稼ぎ深度】が最も重要なスキル性能になりますので、
ギルガメの消費エナジー50とエリザベスのエナジー53がどれだけの深さに
換算されるかという比較になってくるわけですね。

直接的な深さでも、消費エナジーでも、ギルガメの方が上回っているように見えます。


・重要なのは【エナジー収支】

しかし、エリザベスは、「画面内全域が対象になっている」と言うのがキモでして。
エリザベスのスキルは索敵性能がきわめて高いため、エナジー収支がすばらしい。

少なくとも深度稼ぎを目的にする場合、スキルを使わない局面においては
索敵のためにヨコ掘りしてHPを消費するのは愚の骨頂です。
しかし、エリザベスのスキルは
「HPを消費せずに画面内を全索敵し、
 かつモンスターまでの道も(ある程度)掘削してくれている状態」
にまで持って行ってくれます。

「スキルで倒したモンスターのエナジーは回復しない」と言うのも、
地味にポイントでして、ガリレオのスキルだと倒してしまい、
エナジーへの再変換が効かないのに対して、
エリザベスのスキル発動後は「自力で狩りまくる」ことにより、
エナジーへの再変換が可能になるわけです。

つまり、最重要性能である【エナジー収支に対する稼ぎ深度】における
【エナジー収支】が極めて良いのです。

さらに、今回のイベントダンジョンはHP回復ブロックもかなり多めなので、
スキル使用で破壊されるHP回復ブロックの数も必然的に多くなり、
スキル使用時のHP回復もバカにできない量になります。

スキルでの強制ブロック破壊の量は、
HP収支・エナジー収支の両面に直結することになるわけですね。


というわけで、硬いブロックに囲まれてしまったら、
(魔法系(サンダーとか)が、攻撃強度で計算しているため
 突破面の硬さに由来する効率は(さほど)変わらないのに対して、
 ブロック強制破壊系のスキルは、やらかいブロックでザクザク掘れる局面よりも、
 硬いブロックをぶち破らないといけない局面においてその真価を発揮します。)
迷わずエリザベスのスキルをぶっ放してしまいましょう。



まとめ
エリザベスちゃん最強!ということで、
初10連の大勝利を高らかに自慢して、本稿を締めくくりたいと思います。

どーだ、うらやましいだろ!