ゲームとかの話

ゲームを中心としたヨタ話

詫び石ダンピングが射幸心ガチャでないと食っていけないゲーム業界を作った  ~任天堂・DeNAの業務提携について思うこと~

あげてから落とそうと思ってモンスト絶賛記事をupしたのに、
 ※モンストを褒める。べた褒め。
 http://genzui.hatenadiary.jp/entry/2015/03/17/124258

日経&岩田さんに先を越されたでござる
 ※任天堂・岩田社長が語る「DeNAとやりたいこと」
 http://business.nikkeibp.co.jp/article/topics/20150320/278995/?P=1

本題としてモンストを落としたいわけではなくて、
パズドラクローン全体をdisりたかったんですけど。

 パズドラクローンの定義↓
 ※パズドラクローン
 http://genzui.hatenadiary.jp/entry/2015/02/19/132524


さて。
パズドラクローンがクソだ、と言う話。

パズドラクローンの課金体系を整理してみましょう。

① 課金は、「課金トークン」の購入による
② 「詫び石」の形で運営から課金トークンがばらまかれる
③ 課金トークンの主な使い道がユニットガチャ

とまぁ、こんな感じ。

①に関しては、昔からこの手のゲームはそうでした。

関係ないですが、2010年4月に資金決済法が改正されまして、
その時にいろいろごたついていた覚えがあります。

詳しい話は忘れましたが、
発行済み課金トークンの半額をプールしとかないといけない的な。
おかげで、課金トークンの残高ページに、
「無料配布分」と「課金購入分」がそれぞれ残高いくらになっているのかの
内訳を参照できるようになってたりするわけです。たぶん。


閑話休題

パズドラクローンがゲームの世界にもたらした、
クソッタレ極まる運用が②です。

詫び石のバラマキは、ゲームのためにお金を払う、という意識を
多数のユーザーから奪いました。

モンスターBOX拡張の石消費、イベント中のスタミナブースト、
コンテニューでの石ジャブ……程度であれば、
無料でばらまかれる「詫び石」で賄えてしまいますから。

その結果として、③です。
課金してまで大量消費したいケースが、
レアガチャへの課金ブッコミしかなくなってしまいました。

それ以前から、課金ガチャが収益の基本だったとされていますが、
詫び石のバラマキは、
 ゲームの基本機能的な部分への少額課金
という道を事実上、殺してしまったわけです。

そもそも価格設定がおかしい。
最高レアリティのユニットの入手期待値は、
おそらくだいたい5000円になっていると思われます。

これは、
 1回10連ガチャを回すと、1枚☆6のガチャ限が出てくる
くらいの確率です。


なんらかのパズドラクローンをやっている人はピンとくると思いますが
(特にモンスト)、
「ガチャ限☆6の大量収集」さえあきらめてしまえば、
ビタ一文払わずに、楽しいゲームライフが
送れる構造になっているわけですね。

結果、何が起きたかと言うと、
 10連ガチャを全力で回すオッサンたちと
 タダで遊ぶその他大勢
というユーザー構成を産み出してしまったわけです。

もうこれは、ゲーム業界の自殺と言って良い。
「10連ガチャに射幸心を煽られるアホなオッサン」以外の
賢いお客さんたちは、「ゲームに金を払うのがバカらしい」ですよ。

レベル99になった艦娘たちから順次700円結婚している程度に
金払いの良い私でさえ、
「☆6ガチャ限1枚5000円」という値段には閉口せざるを得ません。

だって、完全無課金の状態で遊んでいて、
「結構楽しんでいるから、少しは金払うか」って思った時に
提示されたお品書きが、
 最低5000円、かつクソを引く場合もある10連ガチャ
ですよ。
(500円で1回回すのは資金効率的に割が悪いので、普通はやらない。
 やっちゃうのは射幸心が煽られているから。)

そんなお品書きをみて、誰が金を払うのか。
ゲーム予算月ウン万円を確保でき、かつツッコめてしまうようなオッサンだけですよ。


もう一度言う。価格設定がおかしい。

パズドラリリース時には適正感があった価格設定だった訳ですが、
「詫び石のバラマキ」ゆえに、「少額課金のゲーム機能」だったはずのものが
「タダで遊ぶためにやりくりで捻出するモノ」になってしまったわけです。

このことは冒頭の記事で岩田さんも言及しています(改行筆者)。

> 私は「フリー・ツー・スタート」と呼んでいるんですけれど、
> そのこと自体、以前から否定していません。
> ただ、フリー・ツー・プレイというのは大多数の人がタダで遊んで、
> 一部の方からたくさんの課金を得るという前提だと思いますが、
> 無料で始められるけれども、その後、大多数の方が適切な対価を
> 支払っていただく形のほうが、私は健全で長続きすると思っています。


スマホアプリという市場が、既に「課金ガチャでヒートアップする
射幸心を煽られたアホなオッサン」たち以外、課金する意欲がない
お客さんたちに占められてしまっているわけですが、
任天堂はいかに少額課金を実現していくのでしょうか。

既に、詫び石のバラマキをやらない運営のタイトルは、
端末にインストールしても遊んでもらえない時代です。

任天堂はここを乗り越え、大多数の賢いお客さんに、
「少額払おう」と思ってもらえる枠組みを作れるのか?

今後に期待ではありますが、
ぶっちゃけどうなんでしょうね……。



何が言いたいかと言うと、
「ひとポチ数百円の軽量課金アイテムを考えろよコンチクショー」
「じゃないと、俺は絶対に課金しないかんな!!」
ってことです。

モンストを完全無課金でこれだけ遊び倒している罪悪感が
これを書かせているのかもしれませんw



さて、「少額課金ユーザー」を考える際に、
私が注目しているのは「艦これ」と「supercell系」だったりします。

ここまでで既に大変長い記事になってしまいましたので、
続きは、別記事にて。

詫び石ダンピングで荒廃した大地に花は咲くか? ~「薄く広く」の課金を考えるヒント~ - ゲームとかの話