読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゲームとかの話

ゲームを中心としたヨタ話

10/24(まで)のあれこれ 【NX=Switchの話とか】

 

金土日と風邪でダウン。いろいろたまってるニュースを消化しつつ……。

 

NX発表:Switch

Nintendo Switch | 任天堂


結構面白いハードだと思いますよ。革新的とすら言える。それこそwiiのときに期待されていたギミックでもあるというか。
でもなー。世の中にスマホ&タブレットという大人気商品が既にありますからねー。

任天堂ハードの良い所は、新技術がコスト的にこなれてきた瞬間に、手が届く価格でおもちゃに落とし込むところにあると思うんですが、ちょっと戦う相手が強すぎる気がします。
3DSがスマホと競合するなら、Swichは明らかにタブレットと競合する。

3DS(というかDSLite)はスマホに先行して市場に投下できたがゆえに大ヒット商品になったわけですが。

で、タブレット市場はというと、1万円を切る格安タブレットとかがすでに市場に溢れている訳で、後発なうえに価格がそれだけで魅力にはなりづらい。

コントローラーの独自性を武器に、パッケージソフトというハンデを背負った状態でどう戦って行くのかが楽しみ。

アプリストアのテコ入れを軸に、任天堂OS搭載タブレット、的なポジションを確立して、低価格帯デバイス向けプラットフォームとしてApple・Googleの対抗馬に成長してくれると……とまで考えると胸熱ですが。

 

 

 

 タッチ

『タッチ』のタイトルの由来にファン衝撃「驚きすぎて声も出ないわ(呆然)」 (ダ・ヴィンチニュース) - Yahoo!ニュース

あ、ああ!
気づかなかったというよりは、気にしてなかったw

 

 

カセットテープ

<カセットテープ>ブーム再び メーカーが復刻版発売 (毎日新聞) - Yahoo!ニュース

電子制御万能なこのご時勢に生きる我々にとって、機械制御のロマンってありますよね。カラクリっぽさというか。
考えてみれば、戦艦大和とか、コンピューター無しで設計して、コンピューター無しで運用してたんだぜ!

 

チート・RMT(規約違反と取り締まり)

「やばくね?」ドラクエX“最強鍛冶職人”登場でネット炎上 止まぬ「チート犯罪」 (産経新聞) - Yahoo!ニュース

チーター・RMTerに対しては業務妨害とか何とか理由をつけて、刑事で刺しにいくしかないかなぁ、もはや。
規約違反のBANなんていう民事的対応には限界がありすぎる気がしますよ。

別方面から、メルカリがアカウント売買を【解禁】した、みたいな話も聞こえてきて問題の根深さに思いを致さずにはいられませんです。

メルカリの「ゲームアカウント」売買解禁と利用規約・管理体制・ユーザーの声について

こういうのって、国会案件にされる前に、業界団体同士で話をつけるものなんでしょうが、片やステマを根絶できないIT屋であり、片やガチャ問題を解決できないゲーム業界であり、全くもう何だろう、この期待のできなさ加減。

国会案件にしようにも、経産省に消費者庁が勝てない、みたいな展開まで透けて見えてくるに至っては、もう絶望感しかないっすよ。

 

旧作の廉売

スパイク・チュンソフトのDLタイトルを最大80%オフで購入できる「ハロウィンセール 2016」が本日スタート - 4Gamer.net

 旧作を廉売して小銭を稼ぐのも単体では悪くないと思うんですよ。開発と販売が一体になっているようなところでは、特に、実際に作っている人たちへの応援とか、そういう意味もあるので。
けど、広くこれをやられてしまうと、新しいものづくりがどんどん難しくなっていくよなぁ、ともつくづく感じる訳で。それでなくとも過去の名作と戦っていかなければいけないというのに。

関係ないですが、風邪治すのに寝ながら読む用にKindleで無料本(大体シリーズモノの第1巻とか)をいくつかポチポチしたら、1冊ごとに確認メールが飛んできてて、メールボックスがとんでもないことに。

 

 

 

 訃報

「天国でジャイアンと再会してるかな」 初代スネ夫の肝付兼太さん死去 : J-CASTニュース

 ああ、声が単体でキャラクターとして成立してた時代はこうやって過ぎ去っていくのだなぁと、また一歩、感慨をもって感じざるを得ない。
平幹二郎さんの訃報と重なって霞みそうだけど、世代的・クラスタ的にはこっちのほうがニュース性が高いです。

いや、時代劇好き的には平幹二郎さんもだいぶショックでかいですが。
てか、平岳大サンて、息子だったのか!&もうそんな歳(42歳)だったのか!!と、ビックリ。

 

 

マクセル maxell 10分 カセットテープ 「UL」 ノーマルTYPE I 10巻 UL-10 10P

価格:480円
(2016/10/25 02:28時点)
感想(1件)

 

 

 

雑感 10月18日 (GTX1050(&Ti)が来るぞーって話と、駅乃みちか?の話)

 

 

NVIDIA、「GeForce GTX 1050/1050Ti」を10月25日より発売 - GAME Watch

 

ぐわぁぁぁぁ PC買ったばっかりなのに。買ったばかりなのに、ちくしょう!

10xxの廉価モデルが出るという発想を、なぜ俺はできなかったんだぁぁぁ

 

※パラドゲーしかしてないので、別段まったく支障はないです

 

ちなみに、HOI4は早々に疲れてしまい、Stellarisに戻っております。

今はハイパーレーン縛りで極大銀河で遊んでおります。

星系同士のつながりに制限があるので、

「防衛拠点をここに構築して……」

とか

「このルートで攻める」

とか

「このあたりの星団はまとめて押さえておくか」

みたいな要素が加わって結構新鮮ですぜ!





痛いニュース(ノ∀`) : スケスケスカートで頬を赤らめる東京メトロ公式キャラ「駅乃みちか」が大物議 批判受け修正 - ライブドアブログ

 

昭和生まれのいい年こいたオッサン属性として、「気持ち悪い」と言っている人たちの感覚を理解しようと思ったら、どのヘンを想定すればいいんですかね。
BL界隈のどぎつい描写は、直接的なエロで年齢制限バリアの向こう側の話なのでおそらくカテゴリとしては別物なんじゃないかと思うわけですよ。
そうすると、男性の性的な記号がまぶしてあるイケメンイラスト、みたいなカテゴリになると思うのだが、「気持ち悪い」ポイントがいまいち具体的に想像できないんですよ。
服の上からもうっすらもっこりしてるとか、ヒゲ・体毛類が強調されているとか、全体的に筋肉質であるとか……って想像すると、ガチムチ系の白人兄さん的なゲイ界隈のブラクラ的意図を持って流布される実写の写真くらいしか類例が思い浮かばない。。

少女マンガに出てくるハンサムさんとかは、「しゃらくせえ」とは思うけど、性的なナニカで「気持ち悪い」とも思わないしなぁ。
その辺、うまいこと表現されている絵があれば見てみたいと思ったりしますよ。。



前置きはそのくらいにしておいて、本題。

「なぜ一般向けなのに、女性キャラに性的記号をちりばめるのか」

キャラクターの絵を描くという界隈において、辺縁に存在する二次創作エロがマネタイズ入門みたいな役割を果たしてしまっている現状があるのではないか、とか思ったり。

十ウン年前とはそれほど状況が変わってない(というか加速している)と思うわけですが、オタクコミュニティのコア部分と二次創作(エロ)界隈が切っても切れない関係にあるように思えてならないわけで。

人生の中で、オタクとして最も金払いの良い時代(すなわち働いて収入を得られるようになってから結婚するまで)は、男にとっては最も性欲の強い時期にも該当するわけで、エロとオタク趣味が融合した二次創作エロにはかなりのマネタイズ力があるわけです。

そして、権利を侵害している点・性的なものを取り扱っている点において、大手が参入できない市場でもありまして(とらのあなが上場を狙っていた時期においても、ここの問題がどうしてもクリアできない、みたいな話を読んだ覚えがある)。

そうすると、それなりなブルーオーシャンに個人が参入しやすい状況があったりして、法的・倫理的リスクを個人が負うことによって、絵師としてある程度の収入を得つつ、スキルと知名度を向上させるにはある種最適な環境がそこにあるわけですね。

一方、IPを持つ版元としても、二次創作エロをコアにしたオタクコミュニティにある種依存しているところもあって、大手壁サークルが取り扱う作品、となると、オタクコミュニティの中で一定のプレゼンスを得られたりするわけです。一部においては、「同人で脱がしたくなる」ということを念頭において、キャラクターをデザインしたりもしている訳で(推測ですが確信に近い)。
だから、基本的には知財で刺しに来るようなことはあまりしない。そして、今となっては、かつて自分たちが通ってきた道なので、心情的に潰しづらいんじゃないかと。

で。

そんな環境でスキルと実績を積み上げてきた人たちが、いわゆる「萌え絵師」になるわけですが、そりゃあ、出身環境の文法に則った絵が出てきますよ。いわゆる「抜き」のために特化して技法を発展させてきた界隈な訳で、たとえ本人がエロ作品を発表してこなかった人であっても、基本技法がそもそも性的なわけですよ。敢えてフェミ的視点を持って自らの作風を修正しようという努力をしなければ、その性的さはどうしても残る。しゃーない。

なので、一般向けに広くイラストを提供していきたいと考えている絵師さんたちは、自分の絵から性的要素を抜いてみるとどうなるか?いう視点で作品を見てみると新しい発見があるんじゃないか、と思った次第であります。

我々の世代だと、一般層にまでウケた「萌え絵」といえば、「萌えるが抜けん」でおなじみ(?)の、 いとうのいぢ だったりするじゃないですか。はい、女性ですね。


端々に出てしまう、男のリビドーが、無意識のうちに一般層(主に一般女性)の反感を食うような表現になってしまっていたことを暗示していた事象とも思えるわけです。

 

掲題の答えとしては、「『萌え』の文法になっちゃってるので意図的にやってるわけではない」という感じかなーと。

 

 

人体解剖図から学ぶキャラクターデッサンの描き方 [ 岩崎こたろう ]

価格:1,944円
(2016/10/25 02:46時点)
感想(0件)

 

【ゲスパー】DoA関連同人誌の削除要請について、推測だけで解説してみます。

 

 

『デッドオアアライブ』の18禁二次創作が突然規制!作品が大量に削除→その理由が酷すぎる・・・なんてことしてくれたんだ : オレ的ゲーム速報@刃

 


DoA関連の同人誌が一斉削除で界隈騒然!みたいなニュースを聞きかじったので、特に調べ物をするわけでなく、業界ヲチャー的な視点で、多分に推測も含みつつも、解説を試みてみたいと思いました。



事実誤認があれば、ご指摘いただければ幸いです。

 

※ちなみに、これを書いてる人が同人作家でもコエテク社員でも何でもないことは、先に言っておきます。

 

 

箇条書きになります。読みづらいかもしれませんがご容赦を。

 

①前提

・二次創作系同人は版元の商標権やら著作権やらを侵害している

・知財関連は親告罪なので、刺すも刺さないも版元の判断次第

 

②背景

2-1 DoAの性質

・DoAはそのエロさで売ったコンテンツ

・したがって、それに触発された二次創作エロが大量発生するのはある意味当然

・そのコミュニティも含めてDoAというタイトルの熱量が存在した

・このこと自体はメーカーと同人界の程よい共存関係として、テクモ(当時)も容認していたのではないか(推測)

 

2-2 コンシューマ界の現状

・コンシューマタイトル(特に据え置き)の開発費は、既に日本国内のみで回収することがほぼ不可能なまでに膨らんでいる。

・必然的にワールドワイドに展開しなければ、続編を作ることがそもそも不可能、となる。

 

2-3 フェミ系団体の存在

・しかし、海外にはフェミ系団体というのが存在する。

・日本のソッチ系団体もたいがいアレだが、海外のソッチ系団体はもっとアレ。

 

2-4 そもそもエロ系の問題

・エロ系コンテンツは、(日本でもそこそこゾーニングされているが)基本的には各国市場で「成人向け」として隔離されている

・したがって、一般の目にはあまり触れない

・一般の目に触れないからこそ、ある程度好き勝手なことができてた

 

 

③問題

・しかし、フェミ系の団体の批判は、エロいかそうでないか、の文脈での批判ではない。

・エロいかが問題なのではなく、女性に対して抑圧的な表現であるかどうかが批判の対象となる。

・男女混合格闘+エロなので、その批判をいかにかわすか、が大事になってくる(男女がそれぞれ殴りあう中で、「男が女を殴る」部分だけを切り取って批判してくるのがアレ系団体)。

・フェミ系団体は広く一般向けに広報するから、ゾーニングの壁を突き破って、「問題がある」とされる要素だけが抜粋されて一般に流布する。

 

 

④コエテクの立場(推測)

・DoAというタイトル・コンテンツを守るために、アレ系団体の批判(攻撃)に対応しなければ、同タイトルを販売していくことができなくなる。

・自社で作るコンテンツの中身に関しては制御が可能なので、いかに批判されにくく、かつエロくできるか?という形でタイトルを存続させたい。

・しかし、同人界隈のヒトたちは、彼らの競争の中で「批判されにくい」という視点を持たずに、「エロさ」のみを追求してくるし、それを制御することは不可能。

・アレ系団体の批判を真に受けてしまう人たちは、「公式なのか二次創作なのか」の違いがよく分かっていない(し、分かろうという意思がそもそもない)ので、同人コンテンツを引き合いに「DoAけしからん」となってしまう可能性が(事業リスクとして充分にまずいレベルで)ある(し、実際にそういう議論がおきつつある……的なニュースを見たような気がする)。

 

ありました、これだ。

【ブチギレ】 『デッドオアアライブ エクストリーム3』が女性問題で北米・欧州地域発売見送り → 海外オタ「お前らはその辺で野垂れ死んでろや!」 : オレ的ゲーム速報@刃

中止に追い込まれてたのかよ。大変ですね。。(※ソースの信憑性までは保証できないのであしからず)



・許容範囲内でエロさ(ひいては売り上げ・収益)を追求するためにも、コエテクとしてやれることは、「制御可能な開発陣には、指揮監督権を発動する」「制御不可能な同人界隈のヒトたちは、唯一行使可能な手段として「知財で刺す」」しかない。

 

 

 

 

 

 

特に後半部分は多分に推測が混じってますが、そんなにズレてないかなーと思います。

 

 私個人としては、DoAに何の思い入れも利害もありません(むしろDoAのエロの方向性は絵として苦手)。

けれど、二次創作で楽しんでる人(特に二次エロで食ってる人)は、

・知財関連で「刺せるのに刺してこない」という状況の上での活動であること

・版元は趣味ではなく事業として制作していること

・事業としている以上、株主その他、社会に責任を負っていて、個人でリスクや責任を負いきれない世界で仕事していること

と言ったあたりのことを、今一度、ここで確認しておいていいのではないでしょうか。

 

 何百人もの社員を食わせていかなければならない以上、見過ごせないリスクには対応しなきゃいけません。

まぁ、何より、自分の身もかわいいですしね。合理的に保身に走る口実があれば、保身に走りますよね。大人なんだから。

 

 

 

 

保身 [ 小杉健治 ]

価格:761円
(2016/10/25 02:40時点)
感想(0件)

 



 

オルガルを10分で辞めた理由

VR対応!とかCM打ってたんで、やってみたんですよ、オルガル。

 

もう、(主に経営・プロデュース関連の方針で)今のスマホゲーのダメなところが全部出てる感じ。

 

萎えポイント①:ゲームが始まらない

始めるにあたって、データダウンロードが入るわけなんですが、これがもう長い。

んなもん待つわけないじゃん。せめてバックグラウンドでDLしろよ。DL終わったら通知でも投げろよ。

 

萎えポイント②:立ち絵+テキストの紙芝居

立ち絵+テキストの紙芝居で面白くもないシナリオを読むのが本当に面白いと思ってるんでしょうか?15年前のエロゲから進化してない……

ゲームで楽しませられないからキャラとストーリーで引っ張る、という方針まではまだいい。その結果がこの仕様なの?

CMに金かける前に、長いDL時間とストレージ容量を割いてまで始めたプレイヤーを楽しませるという発想はないのか?それで本当に面白いと思ってるのか?

 

萎えポイント③:戦闘演出が低レベル

チュートリアル戦闘で、複数敵同時撃破させるシーンがあったわけですが、敵の死亡モーションがシンクロしてるわけ。

ゲンナリですよ。

死亡モーションの再生開始に、ランダムでディレイを仕込むだけなんですけどね……

それでよしとする感度の鈍さ、それを押し込めない企画の無能さ、それを提案できないプログラマーの経験の浅さ。

私がこのブログでゲームを叩くとき、誰々は頑張ってるけど、っていうエクスキューズを入れるようにはしてますが、このタイトルに関しては、誰も擁護できない。

もう一歩ネバりのないスタッフに、コミュニケーション不全な現場。ありがちな光景が透けて見えてきますよ。

 

萎えポイント④:VRが手抜き

VRで宣伝するなら、せめて、最初にVRモードになるタイミングでいい絵を見せてほしかった。

ウソでもいいから、プリレンダでもいいから、VRの臨場感と存在感を表現する絵を見せてくれよ。

こんなんがVRだ!って言われてしまうと、「VR大したことないじゃん」ってしかならない。それが、VRに社運かけてやってるヒトたちに対してどれだけダメージを与えるか。

こなれてない技術を焦ってリリースして、市場に見放される、という流れをまだ続けるつもり?

 

 

スマホゲー屋さんは、ポケモンGOを機に時代が一歩進んだことを踏まえて、新しいチャレンジをして欲しいと強く願う次第であります。

 

 

 

ゲームにおけるGAP商法

 

GAP商法とは、敢えて高めな価格で定価設定を行なっておき、期間限定で大幅値下げして売りさばく商法、と定義します。

衣料品のGAPが良くやる手法ですね。

アパレル詳しくないので異論もあるかもですが、どこでもやってることをGAPが象徴的にやってるイメージがあるので、GAP商法と名づけます。

 

 

で、これってデジタルコンテンツと非常に相性がいいように感じるのですよ。 ヘイデイとか、ダイヤをアホみたいに値引きするじゃん。1時間限定で80%OFFとか。

Steamも旧作をそんな感じで下げてきますよね。

 

デジタルコンテンツものって、開発費はそれなり(もしくはかなり)高額になりますが、複製して使用権を売る部分については原価タダなんですよね。

リクープさえするなら、商品単価の価格弾力性はとても高い。

GAPみたいなブランドイメージを作ることができれば、衣料品にも同じことが言えるのかもしれません。ブランド力は(プロダクト単位では)原価タダ。

みんなセール待ちになるので、セールじゃないときの売れ行きが伸びない、とかありそうですが、セール価格じゃなくても買う人は買うので、スマホゲーとかでもっとやりゃあいいのに、という気もするんですがねえ。



パズドラモンストが採用してないから、パクリしか作れないメーカーが採用してない、とかはありそう。





クラロワと三国志大戦

 

クラロワと三国志大戦って、対戦部分の基本はかなり似てますよね。

クラロワでは要素は大胆に削がれていますが、時間とリソース(士気・エリクサー)の配分という基本フレームと、デッキ構築とそのための資産拡充という外郭はおんなじ。

 
ということで、やはり、クラロワにおいても士気差は大事、となります。
クラロワ的に言うと、エリクサーアドバンテージ、となりましょうか。文字数多いし、言いにくいので「士気差」でいいんじゃね。
 
で。
クラロワも面白いんだけど、どうにも深みがないんですよ。
 
そう。メタゲーが効いてない。
 
三国志大戦には、「デッキを国でそろえる」とか、兵種による明確な有利不利、という「デッキを考える」ための要素がふんだんに盛り込まれているのに対して、クラロワにはそれがない。それらしきシナジーも多くない。デッキテンプレとかあるんですかね、クラロワ。
(スマホゲーの御多分に漏れず、webがクソみたいな攻略サイトに埋め尽くされてて、「三国志大戦wikiミラー」みたいな良質なユーザーコミュニティが育ってなさそうなんですよね。あるのかもしれないけど、探す気にもなれない。)
三国志大戦は、実際にプレイできるのがゲーセンだけだったので、家ではちくちくデッキをいじりながら妄想することしかできませんでしたが、クラロワの場合、いくらでも実戦できてしまうので、デッキいじりのボリュームを抑えても、ゲームへの熱量を維持できますし、むしろデッキ要素を抑えているぶん、初心者に優しいというか参入の敷居が下がっていて、とてもスマホ向けらしいデザイン・構成(なんでもいいからとにかく人を集める)になっているな、と。
 
わかる。わかるんだけど。。。
なんかこう、もっとあるじゃん、メタゲーで負けてるのに立ち回りで勝ってうれしい!とか、逆にランカーにメタゲーで勝った!とか、血湧き心躍る瞬間がさぁ!
 
というわけで、セガさんよ、スマホ化はよ!
 
 
 

ちょっといいPCを買ったら、(今までの環境に)絶望した話【速いCPUでパラドゲーが超快適になった話】

 
PC買ったんすよ、PC。
 
それまで使っていた(つまり2代前)Vistaノートが壊れて、慌ててHPのノートを買ったのがだいたい3年前。
 
12万くらいのデカめのノートで、グラフィック重視でないゲームなら普通に動くよ、みたいな触れ込みで、スペックもロクにみずにポチった訳です(というか、あわててたし、スマホだったし)。その前が core-i3マシンだったので、i5にしたから多少ランクアップしたかな?ってくらい。
 
これでStellarisやってたわけですね。
比較対象がない状態でやってたので、さしてストレスを感じてなかったんですが、銀河規模を大きくすると、2300年くらいからだいぶ動作が重くなって、「あれ、ウチのPCってウンコ?」と思いつつ、HoI4を開発してみたら、まともに動かなかったので、「あ、ウンコだった」と気付いた次第。
 
自作してた15年前ぶりくらいにPCのスペックとかいろいろ調べたわけです。もう、ホント久々。
ちなみに、コア部分は↓こんなスペック。
 
CPU i5 3230M @2.60Ghz
メインメモリ 4GB
グラボ GeForce GT 635M
 
あー。グラボがウンコでした。まじウンコ。CPUもそんなに強くない。
まぁしょうがないね。ゲーミングでもないノートPCにハイエンドグラボなんて刺さってるわけないしね。オンボードじゃないだけマシだったね。
 
と、言うわけで、意を決してPCを新調したわけです。もうノートにはこりごり、ってことで、7~8年ぶりくらいにデスクトップに戻したりして。
 
CPU i7 6700K
メモリ 8GB
グラボ GeForce GTX750Ti
SSD 250GB
 
みたいな構成っス。予算は大体前回と同じくらい(モニターで若干足が出た)。
 
で、StellarisとHoi4を走らせてみたんですよ。
 
【これまでのPC】
・Stellaris
 → 銀河規模極小でAI国家を絞らないと快適に遊べなかった。秒速1日を超える速度が出るのが、最初の50年くらいまで。
・HoI4
 → まったく動かないわけではなかったが、ドイツがポーランドに宣戦したあたりで動作がきつくなり、独ソ戦が始まったら全く動かず
 
【新PC】
・Stellaris
 → クラウドに置いといた極大銀河2400年のセーブデータ(異次元人が大量に基地建ててる)でも、体感だいたい秒速5日出るように
・HoI4
 → 日本プレイ1936年スタートで1942年にソビエト降伏さすまで(独ソ戦と日ソ戦・もちろんアフリカ・北欧戦線あたりも同時進行)が一晩で終わった(途中、止めたり、速度落としてたにもかかわらず)
 
 
絶望した!
 
今までの環境のウンコさに絶望した!
 
いままで、どれだけ時間を無駄にしてきてたんや!
 
6700KにGTX750Tiはバランス的にGPU貧弱かな?とか思いましたが、パラドゲーがグラ食ってるようにも思えなかったので、構成をCPUに偏らせて(たぶん)大正解でした。グラフィックゴリゴリのゲームがやりたくなったらグラボだけ差し替えるからヘーキヘーキ。そのためのミドルタワーですしね。
 
 
というわけで、いくらググっても、「パラドゲーを」、「快適に」かつ「コスパ重視で」遊ぶためのPC構成についての情報が出てこなかったので、いちおうメモっておきます。
予算的には似たようなもんだと思われる、i5の適当なCPUにGTX960みたいな構成と比較したわけではないので、あまり断定的なことは言えませんが、とりあえずパラドゲーマー的には「6700Kサイコー!」とだけ。
それ以上のCPUは、正直値段を考えると金持ちベンチマーカーさんの余興とか、仕事でもりもりレンダリングする人とかって領域になってくると思うので、あくまで「ゲームで遊ぶ」という目的を考えたら、なかなか良い物を買ったという満足感に満ち足りた気分でおりますw
 
 
唯一にして最大の悩みは、デカい筐体によってグデグデになってしまった、デスク回りのレイアウト……
 
 

IntelCore i7-6700K BOX品 ※CPUクーラー別売り

価格:37,420円
(2016/10/20 03:37時点)
感想(3件)

玄人志向 GF-GTX750TI-LE2GHD (PCIExp GeForce GTX 750 Ti 2GB)

価格:10,680円
(2016/10/20 03:38時点)
感想(2件)