ゲームとかの話

ゲームを中心としたヨタ話

WING優勝

 

 

f:id:Genzui:20180609022034j:plain

 

 

ありがとう、ありがとう。バンナム先生、ありがとう。無課金でも優勝させてくれてありがとう。

 

一応メモ

Vo育成でメンタル全振り、Vo550、Me500

 

準決勝 → 流行3位 : 首位のライバルを土壇場退場でキックオフ。

決勝 → 流行2位 : ★24で同点優勝

 

思い出もBad狙って、ひたすらコツコツVo稼ぎ戦法

Bad狙いなので、手札選択はLinkアピール優先

 

f:id:Genzui:20180609022621p:plain

 

サポ:

樹里 ★なしLv30

千代子 ★2Lv30

凛世 ★なしLv31

夏葉 ★4Lv55

千雪 ★4Lv41

 

もうゲームクリアでいいかな

 

シャニマスのデザインってネットワーク要素なくないですか?

シャニマスやってて思ったんですが、

ネット接続必須なのに、ネットワーク要素何一つなくないですか?

 

1作目からしてネットワークゲーだったはずのアイマスなのに。

 

 

セーブデータをサーバ管理するのはネットワーク要素があるから

 

という言い訳は、もう必要なくなったんですねえ。

 

課金ガチャのためには、セーブデータをサーバに人質として押さえておくことが必須なわけですが、せめてもの言い訳に、ネットワーク要素は残してきてたと思うんだけど。

このデザインならパッケで売れや とは、もはやもう誰も言わないんでしょうねえ。

ところがバットしかし

ところがButしかーし

 

私が若いころ、よく言われていたフレーズだった気がするんですが、ググっても出てこない、ということは、マイナーな言い回しだったんでしょうね…

銀英伝

アマプラをぶらぶらしてたら、銀英伝アニメのリメイクがやってるじゃないですか。

 

銀河英雄伝説 Die Neue These

銀河英雄伝説 Die Neue These 邂逅 | 動画 | Amazonビデオ

 

レビューが割れているようで。

懐古厨が叩き、擁護派が懐古厨を叩く的な。

 

いいですね、互いに罵り合う姿。素敵。

 

 

私のオタ人生を語るうえで、銀英伝は避けて通れない訳です。若かりし日に、やや硬派よりオタとしては、当時は銀英伝だったわけです。

世代的には、自分よりやや上がリアルタイム世代だったわけですが、そこに背伸びして届きたい的な若さも手伝って。

 

論評する元気はないですが、感想だけでも述べずにはいられない気分ということで。

とりあえず4話まで観た。

 

・忠実

原作と旧版アニメへのリスペクトは、すごい感じます。愛がほとばしっている。

愛、覚えていますか。

 

・みんな声イケメンすぎる

これはキャスティングの問題なのか、今の声優会の人材分布的な問題なのか。

キャゼルヌ パイセンのキートン山田とか、そういう、非イケメン枠こそが銀英伝の群像劇的側面、業界総動員感を醸していて好きだったわけですが。

 

仮に、声イケメンしか業界で生き残っていけない、食っていけないのであれば、業界としてそれはまずいと思うぞ。業界にはキートン山田がまだ成分が足りない。

ムロツヨシが重宝がられている俳優界を見よ。

 

・戦術論のリアリティレベルを上げてほしかった

英伝って、陸戦史がベースなわけですよ。

アスターテなんて、内線外線の基本のキ的な話じゃないですか。

分進合撃という戦術が、なぜ合理性を持っているのか。

地形要素抜きには語れない、この種のリアリティ補強が、当時は気にならなかったけど、銀英伝きっかけで勉強してしまった、銀英伝のせいでミリオタになった私としてみると、寂しすぎるように感じた次第。

オタの真骨頂、設定厨の極地。

英伝宇宙が、いかに陸戦的宇宙空間だったのかという説明。3次元戦闘の極致であるはずの宇宙戦が、なぜここまで陸戦的な戦闘なのか。

庵野秀明厨としては、情報量詰め込んででも、その辺を散りばめて欲しかった。

 銀英伝以後のスぺオペがそこへのツッコミをベースにいろんな話を作ってきた歴史を顧みるに、そこは、銀英伝なりの「●●だからなのだ」という大上段なぶった切り設定を足して欲しかったわけです。

まあ、アスターテの段階でそれを描写するのは早すぎると言われれば、「確かに」としか言いようがありませんけれども。

 

そういう意味で、イゼルローンをどう描くかに興味津々。

 

・SFリアリティレベルを上げてほしかった

英伝って、昭和のSF世界観じゃないですか。SFとしてではなく、スぺオペとして評価されるくらい。

だめだよ、「図書館」っていう施設。未来としてリアリティないよ。

 

 

 

……ということで、

主に4話の感想でした。

 

ここはぜひとも、ビッテンフェルトをイっちゃってる基地外にしていただきたい。

オフレッサーをバーサーカーにしていただきたい。

 

仕事が大炎上中なのに、何を垂れ流してるんでしょうね、私。

 

 

 

スターウォーズの季節ですね

 

生存報告がてらクソ記事を。

 

子門真人と聞いて、ビジュアルを具志堅用高でしか思い浮かべられない私ですが。

 

 

www.youtube.com

 

風邪ひいて脳機能が低下している、ということでなにとぞご容赦を。

【良いことっぽいことを言う】人生の例えとして……

人生を、歩くことに例えて、「下を向いていないで、前を見て歩けば、チャンスを見逃さない」という主旨の発言をする人がいる。

だが俺は言いたい。

下を見ずに、前だけを見て歩けるのは、障害物のない、舗装された道を行く、ごくわずかな恵まれた人だけである。

未舗装の獣道を行く俺たちが、足元も顧みず前だけを見据えて、どうして転ばずに歩けるというのだ。

 

俺は言う。ちゃんと足元を見ろ。だが、前も見ろ。

下だけ見ていては、行く先を見定めることもできないからだ。

歩むに下を見、立ち止まって行く先を見渡す。

人生はこの繰り返しだ。

 

今、お前はどうしている?

足元を見据え、険しい道を歩んでいるか?

それとも周囲を見渡し、行く先を見渡しているか?

 

もし、しばらく立ち止まらずに、足元を見て歩み続けてきたならば、一度立ち止まって、周りを見渡してみても良いかもしれない。

進めてきたその歩みは、お前をどこに運んできたのか。たまには確かめてみるが良い。

 

もし、前だけ見てきたなら。そして何にも躓いて来なかったのなら。

お前は一歩も歩いていなかった可能性がある。

自分の中に、障害のない舗装道路を歩めるだけの特別な何かの心当たりがないならば、その可能性はきわめて高い。

 

 

 

 

 

 

 

超メモ

単なる思い付き

 

ちくわキュウリのキュウリを漬物のキュウリにしたらどうなるんだろうか。

食感はいいが味にパンチがなかったちくわキュウリも、アガりませんかね。