ゲームとかの話

ゲームを中心としたヨタ話

【短信】「シンカリオン」には良い意味での「違和感」がある

シンカリオン、面白いですねえ。

昭和のオッサン的にはすごく違和感があるというか、新鮮というか。

 

その正体が何なのか。

 

超強力な座組だからなしうる話もありそうだし、キャラクターの魅力とは何なのかという話でも斬れる。

 

いろいろ思うところがあって、思いのたけを文章にしたいという衝動を掻き立てられる作品なんですが、全部言い切ろうと思ったらすごく長くなりそうな気もするので、「語りたい」という意見表明だけにして長文はまた追って。

 

 

バーフバリ 感想 (ネタばれあり)

 

なんか評判が良さそうなので、アマゾンビデオで、バーフバリ、1・2を観てみたので、感想。

 

 

■アクションが凄い

超金かかってる。インドの人件費の安さで超物量で作った300(スリーハンドレッド)みたい。

スローモーションを多用して、マトリックス以来のアクション映画のおいしい見せ方、アングル、モーションを全部詰め込んだ感じ。

とにかくかっこいい。

 

■ミュージカルシーンはインド。

もうホント、インド。まじインド。ここは好き嫌い分かれるところかも。

 

 

…で、以下、ネタバレ満載なのでご注意。

 

 

 

戦争ものとか、大河ファンタジーみたいな見方で見る作品ではないので、筋立てのご都合主義とか、国家語りにあまりにリアリティがない点は、ツッコむだけ野暮なんですが、映画として楽しむのに支障がある(モヤモヤが残る)レベルの欠点がいくつかあるのですよね。

 

 

■設定語りが甘すぎて、話の筋についていけない

この映画、

1作目が主人公が2代目のバーフバリだったということが判り、そこから回想シーンに突入して初代バーフバリの前半生を描く

2作目が初代の後半生と、2代目が失った王位を取り戻すまでの話

という構成なんですけど。

 

主人公のバーフバリ(2代目)が初代と瓜二つ(演者が同じ人)であるという説明がないので、1作目の2代目パートのクライマックスで、カッタッパがいきなりバーフバリに膝まづいた理由が意味不明なんですよね。

で、初代の回想シーンに突入するわけなんですが、何しろバーフバリを演っているのが同じ人なので、回想シーンが続いているということを見失った瞬間に、チンプンカンプンになるんですよ。

こってりしたシーンの連続なので、回想シーンへの突入シーケンスで気を抜いてナレーションを聞き逃すと即死。

 

■1作目最後の戦争、君命が曖昧

敵の王様を殺せってなった後、交渉の席で生け捕りにして苦しめてやるってなったので、てっきり生け捕りが勝利条件だと思って観ていたので、バラーラデーバが手柄を横取りしたときに「?」ってなった。

戦争シーンのクライマックスだっただけにモヤっと。

 

■ストーリーが勧善懲悪なんだけど、初代の「善」性に納得がいかない

これはインドの人との間隔のズレなのかもしれませんが。

デーヴァセーナが初代の後任の軍司令官の指を切ったくだり。そのセクハラで指切り落としちゃうのはやりすぎなんじゃ?と思って観ていたら、裁判中に旦那が現れて首をはねちゃうとか、明らかに行きすぎだろ。 ってな感じでモヤモヤした次第。

明らかに前近代で、チャリオットとか出てくる時点でかなり古代な感じの設定なのに、そこだけ超厳しいのに違和感。インドの人ってヒンドゥーとかイスラムとかの影響で、このアンバランスさに違和感を持たないんだろうか。

 

幼少の2代目を掲げて水没したシヴァガミさん。手が見えてるんだから、赤ん坊だけじゃなくて手の主も助けてやれよ感とかは、まぁかわいい部類ですかね。

 

■インド人の顔の区別が難しい

年齢の違いでの区別はつくんだけど、いわゆる「若者」ポジションになると、とたんにわからなくなるんですよね。バーフバリとバラーラデーバを丸顔かシュッとしてるかで区別していた感じ。

 

■初代、ボンクラなフリをしていた意味が判らない

2作目にて、初代がクンタラに入った時になぜ実力を隠す必要があったのかよくわからない。ケガしてまで隠していた割には、外敵が攻めてきたら、あっさり実力を発揮しちゃうし。イトコのお兄さんをageていたのもよく意味が判らないし。

ストーリー上の意味が判らないばかりでなく、実力を隠していたから見せられたカッコいい絵も特になかったわけで、やっぱり意味が判らない。

 

■設定上の国際関係の説明が不足しているので、戦闘シーンで戸惑う

1作目でアヴァンティがいかなる勢力に属していて、どういう動機でレジスタンスしているのか?

クンタラの残党」ともっと明言して、デーヴァセーナの出自と境遇を説明してくれてもよかったんじゃないかな、と。

判りやすく、「亡国の姫を救出する」という彼女たちの動機を示してくれていれば、素直に戦闘シーンにハマれたんじゃないかな、と。

正直背景について「?」と思っている状態で観ていたのでモヤっと感が残った次第。

 

2作目でも、第三国の襲撃が唐突すぎて、それまで実力を韜晦していた初代がスーパーヒーロー化してバッタバッタとなぎ倒す相手が、母国からの追手と勘違いしてしまった。

これは誤読するとけっこう致命的で、「自国の兵をそんなに痛めつけなくても」ってなってしまい、シンプルに勧善懲悪なお話を楽しもうと観ているとモヤモヤしちゃうんですよね。

ただ、この戦闘、初代とデーヴァセーナが弓矢での曲芸射撃で敵をバッタバッタシーンが個人的には超ツボで、ものっそいキュンキュンしながら観てました。もうグッとくる。すばらしい。

 

 

 

とはいえ、まぁ、この映画の魅力はそんなの気にせずに映像をただただ楽しむところにあるのだと思うので、この辺を気にしちゃう性格だった私がもったいないだけな気もしますが。

 

 

 

WING優勝

 

 

f:id:Genzui:20180609022034j:plain

 

 

ありがとう、ありがとう。バンナム先生、ありがとう。無課金でも優勝させてくれてありがとう。

 

一応メモ

Vo育成でメンタル全振り、Vo550、Me500

 

準決勝 → 流行3位 : 首位のライバルを土壇場退場でキックオフ。

決勝 → 流行2位 : ★24で同点優勝

 

思い出もBad狙って、ひたすらコツコツVo稼ぎ戦法

Bad狙いなので、手札選択はLinkアピール優先

 

f:id:Genzui:20180609022621p:plain

 

サポ:

樹里 ★なしLv30

千代子 ★2Lv30

凛世 ★なしLv31

夏葉 ★4Lv55

千雪 ★4Lv41

 

もうゲームクリアでいいかな

 

シャニマスのデザインってネットワーク要素なくないですか?

シャニマスやってて思ったんですが、

ネット接続必須なのに、ネットワーク要素何一つなくないですか?

 

1作目からしてネットワークゲーだったはずのアイマスなのに。

 

 

セーブデータをサーバ管理するのはネットワーク要素があるから

 

という言い訳は、もう必要なくなったんですねえ。

 

課金ガチャのためには、セーブデータをサーバに人質として押さえておくことが必須なわけですが、せめてもの言い訳に、ネットワーク要素は残してきてたと思うんだけど。

このデザインならパッケで売れや とは、もはやもう誰も言わないんでしょうねえ。

ところがバットしかし

ところがButしかーし

 

私が若いころ、よく言われていたフレーズだった気がするんですが、ググっても出てこない、ということは、マイナーな言い回しだったんでしょうね…

銀英伝

アマプラをぶらぶらしてたら、銀英伝アニメのリメイクがやってるじゃないですか。

 

銀河英雄伝説 Die Neue These

銀河英雄伝説 Die Neue These 邂逅 | 動画 | Amazonビデオ

 

レビューが割れているようで。

懐古厨が叩き、擁護派が懐古厨を叩く的な。

 

いいですね、互いに罵り合う姿。素敵。

 

 

私のオタ人生を語るうえで、銀英伝は避けて通れない訳です。若かりし日に、やや硬派よりオタとしては、当時は銀英伝だったわけです。

世代的には、自分よりやや上がリアルタイム世代だったわけですが、そこに背伸びして届きたい的な若さも手伝って。

 

論評する元気はないですが、感想だけでも述べずにはいられない気分ということで。

とりあえず4話まで観た。

 

・忠実

原作と旧版アニメへのリスペクトは、すごい感じます。愛がほとばしっている。

愛、覚えていますか。

 

・みんな声イケメンすぎる

これはキャスティングの問題なのか、今の声優会の人材分布的な問題なのか。

キャゼルヌ パイセンのキートン山田とか、そういう、非イケメン枠こそが銀英伝の群像劇的側面、業界総動員感を醸していて好きだったわけですが。

 

仮に、声イケメンしか業界で生き残っていけない、食っていけないのであれば、業界としてそれはまずいと思うぞ。業界にはキートン山田がまだ成分が足りない。

ムロツヨシが重宝がられている俳優界を見よ。

 

・戦術論のリアリティレベルを上げてほしかった

英伝って、陸戦史がベースなわけですよ。

アスターテなんて、内線外線の基本のキ的な話じゃないですか。

分進合撃という戦術が、なぜ合理性を持っているのか。

地形要素抜きには語れない、この種のリアリティ補強が、当時は気にならなかったけど、銀英伝きっかけで勉強してしまった、銀英伝のせいでミリオタになった私としてみると、寂しすぎるように感じた次第。

オタの真骨頂、設定厨の極地。

英伝宇宙が、いかに陸戦的宇宙空間だったのかという説明。3次元戦闘の極致であるはずの宇宙戦が、なぜここまで陸戦的な戦闘なのか。

庵野秀明厨としては、情報量詰め込んででも、その辺を散りばめて欲しかった。

 銀英伝以後のスぺオペがそこへのツッコミをベースにいろんな話を作ってきた歴史を顧みるに、そこは、銀英伝なりの「●●だからなのだ」という大上段なぶった切り設定を足して欲しかったわけです。

まあ、アスターテの段階でそれを描写するのは早すぎると言われれば、「確かに」としか言いようがありませんけれども。

 

そういう意味で、イゼルローンをどう描くかに興味津々。

 

・SFリアリティレベルを上げてほしかった

英伝って、昭和のSF世界観じゃないですか。SFとしてではなく、スぺオペとして評価されるくらい。

だめだよ、「図書館」っていう施設。未来としてリアリティないよ。

 

 

 

……ということで、

主に4話の感想でした。

 

ここはぜひとも、ビッテンフェルトをイっちゃってる基地外にしていただきたい。

オフレッサーをバーサーカーにしていただきたい。

 

仕事が大炎上中なのに、何を垂れ流してるんでしょうね、私。

 

 

 

スターウォーズの季節ですね

 

生存報告がてらクソ記事を。

 

子門真人と聞いて、ビジュアルを具志堅用高でしか思い浮かべられない私ですが。

 

 

www.youtube.com

 

風邪ひいて脳機能が低下している、ということでなにとぞご容赦を。